リクナビNEXTの詳細情報|国内1のシェア率を誇る転職支援サイト

リクナビNEXTの詳細情報|国内1のシェア率を誇る転職支援サイト

 リクナビNEXTは全てのサービスが無料で使える、国内最大級の転職支援サイトです。使い方はいたって簡単です。まず利用には会員登録が必要ですが、会員登録だけならば自分のメールアドレスだけあればOK。それだけで転職活動をスタートできるわけですが、転職を有利に進めるためにも色々な情報を登録しておくことをお勧めします。

 

 例えばご自身の職歴などのプロフィール、英語スキル、他にも自分の特色となる情報を登録することで、採用企業の目にとまりやすくなります。自分から企業にアクションを起こすことができるだけでなく、リクナビNEXTにはスカウト機能があります。オープンオファーやプライベートオファーなど、種類によってオファーの質が異なってくるのですが、きちんと自分の情報を登録することで、自分の経験に近しい企業からのオファーが届きやすくなります。

 


独自サービスの特徴

 特筆すべきはその情報量の多さということではないでしょうか?転職支援サービスの先駆けともいえるリクナビNEXTですが、その掲載企業数も当然1です。全ての職種・業種に対応しているということなので、掲載企業数も多くなるのは当然ですが、自分のキャリアや今後働きたい方法性に合わせて、仕事を検索できるのは便利です。

 

 企業数が多いということは自分のプロフィールに目を通してくれる企業も当然増えてくるので、オファーが届く件数もほかのサイトよりも多くなってくるため、自分の納得した会社への入社がしやすくなります。また、リクナビネクストの長い歴史で積み重ねた情報をもとに、求職者があと何件応募すればいいのかなどを統計的に出してくれます。

 

使用時の注意点

 注意する部分ははまさにメリットと表裏になっていることです。掲載企業が多いということは、多くの企業を選べる反面、自分の判断基準を鈍らせることにもつながります。

 

 特に企画系や営業系の職種を探す場合は要注意で、自分は企画をやりたいと思って企画関連の仕事をセグメントして検索かけているはずなのに、最初に出てくるのが純粋な企画系ではなく、企画営業であったりソリューション営業だったりということが往々にしてあります。

 

 この点に関しては求職者の希望よりも企業から得た掲載料を重視している感じがみられます。

 

 また、オファーが届く件数が多いということも裏を返せばデメリットであったりします。自身が今後就きたい方向性の企業からオファーが届いた場合は検討段階に入りますが、社員の入退職のサイクルが早い会社などはオファーメールをガンガン送ってきます。ここに関してもサービス側でセグメントをかけるなりの対処をしてほしいと思っています。


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 転職5つ流れ 転職サイト情報