20代で転職するための5つ流れ

20代で転職するための5つ流れ

 若いのは確かに武器になる。でも、それが失敗の元になることもあるでしょう。若いということは知識が薄いとも言えるので、転職活動のアレコレを知らずに突き進んでしまうこともあるかもしれません。

 

 その突き進んだ先が「無職」や「ブラック企業」とならないよう、転職活動に関連した知識を自分にものにしてから全てを始めるようにしましょう。

 

 

転職の準備は万全に!

 「どうして転職を決意したのですか?」この質問に戸惑ったり口籠ることなく答えることができれば、既に転職の準備は万全なのかもしれません。

 

 少しでも言葉が詰まってしまうようであればまだまだの証拠。この質問に簡潔に、且つ的確に答えられるようになること、これが準備の第一段階となるでしょう。

 

■関連記事

  • 転職は計画的に
  • 転職の目的とは
  • 20代の市場価値
  • 電話が苦手な20代の対処法
  •  

     

    求人情報の収集

     若い人材は引く手数多です。だからといって、それに甘えてはなりません。応募できる求人が多いからこそ慎重にならなければ、失敗へと突き進んでしまうことになるでしょう。

     

     ネットなどで情報を得ること。時にはセミナーや説明会にも顔を出すこと。これが転職活動に良い影響を与えてくれるはずです。

     

    ■関連記事

  • 20代の仕事探し
  • 求人情報媒体は必ず併用しよう
  • 転職は在職中・退職後のどちらにすべき?
  • 20代の転職の思わぬ落とし穴
  •  

     

    応募書類を作る

     若いことが転職活動の失敗の元になる、これが顕著に現れるのが履歴書や職務経歴書の類いです。そこに明確に記載できる実績がないケースが多いから。

     

     そんな場合にはフォーマットの選び方などに気を遣うことで、これを少しカバーすることも可能。そうした細かい工夫も転職活動に必要になることを知っておきましょう。

     

    ■関連記事

  • 転職のための履歴書の書き方
  • 転職のための職務経歴書の書き方
  • 覚えておきたい!応募書類を送る時の注意点
  •  

     

     

    面接はポジティブに!

     面接に付きものなのが、質疑応答です。多くは面接官から質問され、あなたが答えることになりますが、20代の転職希望者はいかんせん、どうしてその若さで転職に踏み切ったのかについて質問されます。

     

     前向きな回答を用意しておきましょう。全ての質問にポジティブに答える、これがひとつのポイントとなります。

     

    ■関連記事

  • 面接のマナー対策を万全に!
  • 面接にふさわしい服装とは
  • 面接対策として実践練習しておこう
  •  

     

    退社は礼儀、入社は条件の確認を

     短期間であってもお世話になった会社には礼儀を尽くし退社しなければなりません。そうしたことも含め、退社の準備は入念に行うこと。

     

     そして、入社に際しても雇用条件の確認などを怠らないようにしましょう。こうしたポイントを押さえることができてこそ、転職成功と言えるのです。

     

    ■関連記事

  • 退社の手続きのことも頭に入れておこう
  • 入社の手続きについて知っておこう!
  • 入社の挨拶で好感度をアップしよう!
  • 20代の転職と試用期間
  •  

     

     

     

     

     

     


    ホーム RSS購読 サイトマップ
    TOP 転職5つ流れ 転職サイト情報