20代の転職と試用期間

20代の転職と試用期間

転職であっても試用期間はある

 

 20代の転職希望者の多くは、新卒時に試用期間を設けられた経験があると思います。試用期間とは、企業が採用した社員に対し、長期雇用を前提としながらも、能力や勤務態度などをチャックしたうえで、本採用するかどうかを決めるために設けているものです。

 

 労働基準法上は試用期間の設置を義務付けてはいませんが、大抵の企業が採用しているシステムで、就業規則にも明記されており、内定後の労働契約内容確認の際に説明を受けるはずです。

 

 試用期間の長さは、1カ月から半年であることが多いのですが、これも企業の裁量となっています。入社前にきちんと確認をしたうえで、企業と雇用契約を結ぶようにしましょう。

 

試用期間中の解雇と退職について

 

 企業が本採用を見極める期間と聞くと、簡単に解雇されるのではないかと、不安に思う20代の転職者もいるかもしれません。採用自体が長期雇用を前提としているのですから、あなたが経歴を詐称して入社したり、遅刻や早退、欠勤が多かったり、勤務態度に問題があるなど、明らかな非がある場合を除けば、企業があなたを解雇することはできません。

 

 また、解雇される場合の通知義務は正社員同様で、退職日の30日前に予告するか、予告できなかった場合は平均賃金の30日以上分を解雇予告金として支払うことが、労働基準法で定められています。

 

 とはいえ、これが適用されるのは、入社後15日を経過した社員に対してだけで、試用期間開始から14日以内は、この義務を果たす責任は企業にありません。

 

 そして、試用期間中にあなたが会社を退職したいと考えた場合も、雇用契約があるので即時退社はできないのです。入社後にミスマッチを感じたら、一日も早く会社に退職の意向を伝えましょう。

 

 

■関連記事

  • 退社の手続きのことも頭に入れておこう
  • 入社の手続きについて知っておこう!
  • 入社の挨拶で好感度をアップしよう!

  • ホーム RSS購読 サイトマップ
    TOP 転職5つ流れ 転職サイト情報