会社の辞め方に理由はいらない!

会社の辞め方に理由はいらない!

1.20代らしい対応

 20代での転職というと、消極的な理由の方を除いて大半の方が、キャリアアップの転職のはずです。よって、会社から引止めにあった場合ですが、真っ先に答えるのが、キャリアアップと答えるのが無難でしょう。

 

 この際、部門を変えてキャリアアップができる措置をとるというような回答が返ってくるのが通常ですが、それは、自分がしたい仕事ではないと、しっかりとした意志を持って答える事が大事です。

 

 会社側も、あの手、この手で引止めに入ってきますが、一貫して、新しい分野の仕事をするのが目的だとしっかりと答えることが大事です。さらに、転職先では、自分のやりたい仕事が保障されているなども付け加えると良いでしょう。

 

 

2.引止めが強い場合の対応

 20代後半ともなりますと、会社としては即戦力の方ですので、会社としては何としても、残ってほしいのが現実です。その為に、あらゆる条件が提示されます。給与のアップ、役職などがあげられます。特に給与のアップに関しましては、転職先より高い場合もありますので、この場合でも確固たる意志を貫かなければなりません。

 

 上司が、なかなか折れてくれない場合は、さまざまな手段を用いていくべきです。まず、今の会社には大変お世話になった旨を伝え感謝の意志を表します。その上で、例えば、キャリアアップの他に勤務地を変えたい、家族的・経済的問題が生じてしまったなどを伝えるとよいでしょう。

 

 会社側も、給与以外の金銭問題が、かかっていると強くでることができないからです。転職先の福利厚生が充実している場合などは、大きな理由となりますし、会社もお金の問題となると、むしろ介入してこないからです。通常は、転職先の方が金銭的に優位になっているはずですので、この内容に関しては、会社も強くでてくることはありません。


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 転職5つ流れ 転職サイト情報