入社の挨拶で好感度をアップしよう!

入社の挨拶で好感度をアップしよう!

新人であるという自覚を持った入社挨拶を!

 20代の転職の場合、即戦力として活躍というよりは、そのポテンシャルを買われての採用という部分があるはずです。

 

 若いからこそ考えが柔軟で、企業カラーにも染まりやすい点が魅力の一つでもあるのですから、入社の挨拶の際にも、新人として一からがんばっていこうという姿勢をアピールすることをおすすめします。

 

 初出社日の出勤時間をあらかじめ教えられていると思いますが、時間ギリギリにならないように、余裕を持って出社します。そして、社内で会うひとには積極的に「おはようございます」と挨拶しましょう。

 

 採用担当者もしくは現場責任者が、あなたをアテンドしてくれるはずなので、その指示に素直に従ってください。

 

 

入社挨拶で何を話せばよいのか

 入社の挨拶は、朝礼などの短い時間の中で行うことになります。自分の名前と前職での仕事内容、今後の抱負を、2〜3分で話せるようにまとめておきましょう。

 

 とはいえ、それだけでは会話のきっかけがつかみにくいので、趣味や特技、家族など、話題のきっかけになりそうな話をしておくのも一つの方法です。

 

 スポーツだと、プレイしなくても、観戦が好きなひとはたくさんいるでしょうし、映画やドラマ、マンガなど、何か一つ好きなモノを披露して見てはいかがでしょうか。

 

 

■関連記事

  • 退社の手続きのことも頭に入れておこう
  • 入社の手続きについて知っておこう!
  • 20代の転職と試用期間
  •  

     


    ホーム RSS購読 サイトマップ
    TOP 転職5つ流れ 転職サイト情報