面接にふさわしい服装とは

面接にふさわしい服装とは

面接にふさわしい身だしなみとは

 履歴書の貼付写真と同じように、面接での第一印象は、その後に大きく影響します。 面接にふさわしい身だしなみで、好印象を与えるように意識してください。

 

 面接ですから、基本はスーツです。20代といっても後半の方であれば、必ずしもリクルートスーツでなくてもOKですが、華美だったり、カジュアルな雰囲気のものは避けた方が無難です。

 

 清潔感を印象付けるためにも、スーツやYシャツ、ブラウスがクリーニング仕立ててあるのが望ましいですが、難しいようなら、しっかりアイロンをあててください。

 

 

全身をくまなくチェックしよう

 身に付ける洋服のチェックを怠らないのに、それ以外に気が回らなくて減点されるひとも少なくありません。それは、靴やカバンの手入れがきちんとされているかどうかです。

 

 必ずしも新品を身に付ける必要はありませんが、靴が汚れていたり、カバンが擦り切れたままで面接に臨むと、普段も同じ格好で客先を回っていると思われ、大きなマイナスポイントになります。

 

 また、時計やメガネのデザインも、ビジネスの場にふさわしいものとそうでないものがありますので、どんな業界や職種であっても、最初は無難なデザインのものを選ぶことをおすすめします。

 

 

■関連記事

  • 面接のマナー対策を万全に!
  • 面接対策として実践練習しておこう
  •  

     


    ホーム RSS購読 サイトマップ
    TOP 転職5つ流れ 転職サイト情報