求人情報媒体は必ず併用しよう

求人情報媒体は必ず併用しよう

求人情報媒体には何があるのか

 20代は、あらゆる求人情報媒体が活用できる年代です。

 

 全国各地のいろいろな業界や職種の求人が集まっている「転職サイト」、企業からの非公開求人や独占求人を数多く取り扱う「転職エージェント」、さまざまなサービスが充実している「若者ハローワーク」、地元の求人情報が満載の「求人情報誌」、そして「新聞の求人欄」があります。

 

 20代だと、スマホを使って情報収集ができる手軽さもあって、「転職サイト」や「転職エージェント」を活用するひとが多いようです。 

 

 また、「若者ハローワーク」も、既卒や第二新卒者を対象にさまざまなサービスを提供していますし、登録すれば求人をインターネット検索できるので、人気が高まっているようです。

 

 

求人情報媒体の併用がおすすめな理由

 いくつもある求人情報媒体の併用をすすめるのは、それぞれに得意分野が異なっているからです。

 

 「転職サイト」はほかの求人情報媒体と比べて、圧倒的な求人数を誇りますし、ありとあらゆる業界や職種の求人が集まっているので、キャリアアップにもキャリアチェンジにも対応できます。

 

 「転職エージェント」は、プロのキャリアコンサルタントの個別サポートを受けられるので、安心です。「若者ハローワーク」は、地元の中小企業の求人に強いです。

 

 併用することで、お互いの足りない部分を補完し、一つでも多くの求人を集められるのです。

 

 

■関連記事

  • 20代の仕事探し
  • 転職は在職中・退職後のどちらにすべき?
  •  

     


    ホーム RSS購読 サイトマップ
    TOP 転職5つ流れ 転職サイト情報