電話が苦手な20代の対処法

電話が苦手な20代の対処法

電話のとり方の基本をマスターする

 

 社会に出た20代が迎える最初の壁の一つに、電話応対があります。メールやLINEでコミュニケーションをはかってきた20代の転職希望者の中には、現職でも電話応対に自信がないひとが少なくないかもしれません。ですが、電話応対は基本をマスターすれば、それほど心配することはありません。

 

 まず、電話がなったら3回コールする前に受話器をあげる、社名を名乗る、用件を聞くという基本を、確実にできるようになりましょう。あなたが社名を名乗ったら、相手は自分の名前と取り次ぎ相手を伝えるはずです。

 

 「いつもお世話になっております」と挨拶した後、取り次ぎ相手に電話を回せばよいのですから、冷静に対処しましょう。

 

マニュアルを作成し何度も繰り返そう

 

 電話の取り次ぎ方は、最初はマニュアルを作成し、その通りに対応することをくり返すのも一つの方法です。まず、名指しされた取り次ぎ者の名前を確認し、保留ボタンを押し、取り次ぐ相手に電話相手の社名と氏名を正確に伝えます。

 

 もし、取り次ぎ者が席に不在のときや電話中のときには、「生憎●●は席を外しております」「申し訳ございませんが、●●は他の電話にかかっております」と状況を断ったうえで、「こちらからお電話差し上げるようにいたしましょうか?」と、電話の相手に投げかけます。

 

 大抵の場合は、「では、後程改めてお電話します」「では、後程お電話をいただけますか?」「では、用件をご伝言いただけますか?」「では、電話があったことをお伝えください」という、いずれかの回答があるはずです。

 

 不在の取り次ぎ相手に対し、確実にメモを残し、その後にきちんと対応してもらえれば問題ありません。まず、実践してみましょう。

 

 

■関連記事

  • 転職は計画的に
  • 転職の目的とは
  • 20代の市場価値

  • ホーム RSS購読 サイトマップ
    TOP 転職5つ流れ 転職サイト情報