転職の目的とは

転職の目的とは

転職の目的がキャリアアップの場合

 新卒で就職した職種に対して、やりがいや面白味を感じていたり、努力に伴う成果を得られているのなら、それは適職であると考えてよいと思います。

 

 自分が意欲的に取り組めて、成果も見込める職種なのであれば、そこでキャリアアップしていくことが、自分が目指すキャリアビジョンを達成するのに、一番の早道のはずです。

 

 キャリアアップのための転職なら、いまの勤務先ではできないレベルの仕事に就き、自分が成長しながら会社に貢献していくには、どんな企業で働くのが望ましいのかを、真剣に考えるべきです。

 

 キャリアビジョンの再構築も含めて、しっかり検討してください。

 

 

転職の目的がキャリアチェンジの場合

 新卒で就職したものの、いまの仕事にやりがいや面白さを感じられなかったり、他の職種に興味がわくひともいることでしょう。

 

 20代であれば、キャリアチェンジがしやすいので、自分の適職を探して転職するというのも一つの方法です。

 

 ですが、キャリアチェンジ転職をしたものの、やはり合わないでは、次のステップに上がりにくくなってしまうので、転職サイトや転職エージェントなどを活用し、自分の適職探しをすることから始めるのが一番です。

 

 

■関連記事

  • 転職は計画的に
  • 20代の市場価値
  • 電話が苦手な20代の対処法
  •  

     


    ホーム RSS購読 サイトマップ
    TOP 転職5つ流れ 転職サイト情報