転職は計画的に

転職は計画的に

求人が多い20代こそ計画をたてよう

 転職市場を見ると、20代を対象にした求人が多いことに気が付くはずです。

 

 それは、新卒を採用して自社で教育するより、社会人としての基礎を身に付けた第二新卒者、あるいは転職希望者を採用する方が、メリットが大きいと考える企業が増えているからです。

 

 そういう意味では、社会人経験のある20代には広く門戸が開かれていますが、転職の目的は勤め先を変えることではないはずです。

 

 何のために転職をしたいのかという目的を持って、計画的に進めなければ、自分が満足する転職は実現できないのです。

 

 だからこそ、いつまでにどんな転職をしたいのかを考え、しっかり計画をたてるようにしましょう。

 

 

20代の転職回数がその後の明暗を分ける

 勤務先の倒産や事業縮小のためのリストラなど、本人との意思とは無関係の出来事での転職を除けば、勤務先を辞めようと考える、何がしかの理由が存在するはずです。

 

 その理由が「給料が安い」「休日が少ない」「仕事が面白くない」「職場の人間関係がよくない」といった勤務先への不満で、20代なのに短期間で何度も転職を繰り返していると、だんだん書類選考にすら通過しなくなります。

 

 そうならないために、最低3年は働き続けられる職場を選び、自分の適職を探すことをおすすめします。

 

 

■関連記事

  • 転職の目的とは
  • 20代の市場価値
  • 電話が苦手な20代の対処法
  •  

     


    ホーム RSS購読 サイトマップ
    TOP 転職5つ流れ 転職サイト情報